口元のたるみをとる「さ・し・す・せ・そ」顏筋トレ

顏の筋肉の約7割が普段使われていないということを知っていますか?

気を付けて!貴方の顔も運動不足かもしれませんよ!
特に口の周りの筋肉は顔の筋肉の約7割をつかさどっているので、
この部分の筋肉が固いと表情筋の動きが悪くなります。

実はこの口元の周りの筋肉の柔軟強化によって、
シミやシワ、ほうれい線などが予防できるのです。

illust2064_thumb

 

 

 

 

口元の筋肉を使わないと口角がさがって、
暗い印象やマイナスのイメージを与えてしまう可能性が高いです。

そこで簡単に表情筋を鍛えて顔のストレッチができる
「さしすせそ」ワークをご紹介します。

 

さしすせそワークのやり方

簡単に言えば、筋肉を動かす部分を意識しながら
さしすせそというだけの簡単顏筋トレなので、ちょっとした合間にできる手軽さがいいんです。
私も誰もいない場所でちょっとした時間があるときは、この方法をお試ししています^^

1.「さ」・・・二重あごの改善(あごの筋肉を使って、下唇と顎を下に動かすように意識します)

2.「し」・・・口角下がり、口元たるみ改善(口角を横に開いてエクボを作る感じで)

3.「す」・・・口元たるみ改善(唇の中央に力を入れて口周りを固くする感じで)

4.「せ」・・・頬上部のたるみ改善(口角をほほ骨に近づけるように)

5.「そ」・・・ほほ全体のたるみ改善(ほほをへこませるように意識)

 

1日にたった5分でいいので、このストレッチを加えてみるだけで、
顔全体の動きが良くなり、しわやたるみを予防できちゃいます。

筋肉が活発に動くことで、血流が良くなり、
肌のシミやくすみ予防にもつながってきます。

たった5分でどこでもできるこの『さしすせそ』をぜひ生活に取り入れてみてはいかが?

注:人がいないところでやったほうがいいかも~^^
かなりまわりからみたら怪しい顏でのストレッチになりますので(笑)

 

 

 

 

Similar Posts:

コメントを残す

サブコンテンツ

アーカイブ

最近のコメント

    たるみ取り日記更新中

    005-1

    このページの先頭へ